響鬼に感動

修業期間、不透明な納車時期に耐えられず、NXをキャンセルしてしまったシャッコです。
妻の車でNXを買ったのですが、もうIS300hに慣れたという、ドン引きなセリフにも萎えたのも事実です・・・
フロアマットどうしよう・・・
最近、Huluでよく仮面ライダーを見ています。
先日、電王をみて、以前スマップの中居くんが細川茂樹を散々言ったのを思い出し、仮面ライダー響鬼を見てました。
響鬼を最初に見たときは、私の嫌いなミュージカル調の進行に加え、何故か魔化魍(まかもう)と呼ばれる怪物に、太鼓を叩く様な半ばお笑いとしか思えないはじまり、途中、ラッパと太鼓の鉢とギターで魔化魍を倒した時に、マジでふざけ作ってるんじゃと思いながら見ていたのですが・・・
何故かはまってしまい、結局最後は感動で終わるという、最近の仮面ライダーで最も感動しました。
気になる方は、仮面ライダー響鬼を是非見ていただきたいと思います。
この仮面ライダー(物語上は鬼と呼ばれる)は仮面ライダーの引退や死、弟子に教えて、鍛えることで仮面ライダー(鬼)に変身して魔化魍との戦いを引き継がせるという、昔の改造人間とはかなり異なる展開、また弟子と師匠との絆に感動したのでそれに注目してみていただけたらと思います。
シャッコは、昔から一匹狼というほどではありませんが、初めて社会に出た時も家の都合で途中入社なので同期はいず、いろいろな仕事をしてもほとんど一人で任せらっぱなしだったので直属の上司もいない状態でいままで働いてきたので、この弟子と師匠のあり方というのが非常に羨ましく思いました。
私のような境遇の方にもおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ