最近気になること

レクサスの今年の話題と言えば、GSFがとLXが投入されることですが・・・

 

シャッコ的には(既にRCFがあるので)、LXの方が気になります。
気になるのは、LXそのものより、ランドクルザー200が発売中止になってしまうのだろうかということです。

20150121a

出典:lexus.com:レクサスLX

 

20150121b

出典:toyota.jp:ランドクルーザー200

 

いろいろ情報を調べてみると

ランドクルザーが残るのではという理由が・・・

 

1.LXは以前発売されていたランドクルーザーシグナスなのでそもそも違う。

 

2.日本で発売されるLXは570(排気量5.7リットル)なのでランドクルザー200は4.6リットルなんで違う。
さらに調べてみると右ハンドル香港モデルがLX460、オーストラリアモデルがLX570らしい・・・

3.ランドクルザーは世界的有名で名前の重みが違うので残る。

 

 

ランドクルザーがなくなってしまう理由は・・・

1.セルシオ、アリスト、アルテッツァ同様のレクサス移行の運命

セルシオ→LS、アリスト→GS、アルテッツァ→IS

 

2.トヨタとレクサスの差別化を図る理由に排気量があり、4.6リットルは廃止される:ソースはベストカー2月号(怪しい?)、すでにマジェスタはフルモデルチェンジに伴い4.6リットルが廃止されているのでランドクルザー200のモデルは廃止になる。

ランドクルザーはフルオプションで800万(車両価格は452.6万〜684.3万円)、レクサスLXはおそらくエントリーモデルで800万円は超えるでしょう。

 

そう考えると、ランドクルザーはとてもお買い得な感じがします。

 

シャッコ的にはトヨタにハリアーが残ったので、ランドクルザーも残ってほしいと思うのも本音でして。

 

次に買いたいトヨタ車はランドクルザーがと思っていたので、残ってほしいというのも本音です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ